金欠からの脱出。その為の方法と手段

金欠と言えば皆さんも非常に見に覚えがあるのではないでしょうか?

どれだけ普段から節約を心掛けていても、出費する時はあっというま。かかるものはかかるのだから仕方ない。

そこで金欠の中で生活する為の智恵を書いていきたいと思います。最初に思い付きそうなのが普段お金を落としそうな食費や趣味を抑えること

そうすることで抑制効果が高まり、安定した日常を送れるようになること違いなし

では具体的にはどうすれば良いのかと言うと食べる量を減らし趣味にかけるお金を使わないことで他にかかりそうな生活費に回すことでやりくりするというもの

スーパーやデパートからは半額シールを貼った商品を買い、食費を徹底的に抑えることで我慢を覚え耐える事も覚える

つまり我慢強くなるのです。これを言い換えればどんな欲も本人次第でコントロール可能になるのと同義で、コントロール可能になれば自然と食費を抑える、消費を抑える、金欠にも耐えられるようになると良い事づくしかもしれません・・・賛否両論ありそうですけどね

他にもお風呂に使う水の量を抑えたり普段使う分の電気の消費量を抑えることで浮かした分だけ食費や趣味に回すことも出来るようになります

出来れば普通に生活送りたいですね。我慢することなく。即日キャッシング

いつものように責任問題に明け暮れる国会中継を見て感じたこと

国会ではいつものように、大臣の発言やその他不祥事による責任問題のやり取りに終始するようになっています。一つは共謀罪に関する大臣の答弁と、法務省から出された文章問題です。これに関し大臣の答弁などが適当な為更に加熱しています。
もう一つは駆けつけ警護関連の戦闘状態の大臣の発言とPKO日報の廃棄問題です。そして別の問題として文科省の天下り問題です。
これくらい問題が出てくると野党にとっても追及するのにもってこいの状態ですので、ほぼ追及に終始しています。
いつものことですが、責任問題を長い時間これでもかと追及ばかりしているうちに、国会の会期が少なくなり、重要法案を短い真偽で可決されています。すると野党は大事に法案に審議の時間が足りないと言っています。
不祥事や不用意発言はメディアが取り上げるので、国民が知っていても、国民が知らぬ間に成立していた法案は沢山あります。
まさにこれの繰り返しです。メディア的には責任問題を追及して、しどろもどろの答弁をしたり、辞任まで追い込む状態になれば喜びます。さらに総理がブーメランよろしく、貴方たちの政権時代はどうだったなどと言いだすともうバラエティの世界のように見えます。見て面白かっても、国民にとっては何の利益は生まれません。
国会の場で批判をしあったり、あげあしをとったりするのは見苦しいと思います。
まず国会自体の改革をする必要があると思います。責任問題の追及は必要です。法案審議も重要です。別々の委員会に分けれないものかと思います。そして国民がわかるような会議にしてほしいと思います。プロミス審査

金欠気味の時は美容院に行かない

金欠気味の時は美容院に行きません。わたしは髪を伸ばしているので特にカットする必要はないですが、白髪がちらほら目立ってきたので白髪染めのために美容院を使っています。白髪染めのために美容院へひと月に一回ペースで通っていますが、金欠になるとしばらく美容院へ行きません。

気になる白髪は自分で染めています。市販の染毛料を使いますが、しっかり染めるタイプじゃなく徐々に白髪が染まるタイプを選んでいます。しっかり染まるタイプは地肌につくと痒みが起こったりニオイが気になります。

何より髪の傷みが気になるので、しっかり白髪を染めたいのはやまやまですが、こういう強いタイプは使いません。わたしは週に三度こういう商品を使って白髪染めをしています。染めるといってもマニキュアタイプなので中までしっかりカラーが浸透することはないですが、週に三回くらい使っていると白髪は隠せます。

髪を傷ませないマニキュアタイプなので使っていて安心です。これを使っていると美容院で染める必要がないので節約になりますが、なんとなくカラーに物足りなさがあります。なので、お金がないときだけこういう商品を使っています。もちろんお金があるときは美容院で染めています。消費者金融 審査 在籍確認