派遣社員が入っていけるチャンスはここしかないのです

派遣法が改正されて行きますが、派遣社員が働きやすくなったようには思えません。

3年間以上働かせるときは、社員扱いしないといけないと規定が出来れば、3年間以降はどうなるのかというと、それは派遣社員のクビになることを意味しています。

本来は、ずっと派遣のまま仕事をして行くことが出来るのであれば、それはそれで幸せで順調な生活が出来たのではないかと、少し疑問を感じずにはいられないです。

そこが問題だと定義しているのですが、イタチゴッコのようにも思うのです。

まるで、脱法ハーブと言われていた危険物を思い出すような気がします。

派遣の強みは、大手企業であればあるほど、入るスキが多く、そこからその会社の社員になるようなことがあれば、大成功なのです。

派遣の強みを生かした、人材育成の方法が今動き出そうとしているのです。

もし3年以上は働くことが出来ないとなると、今度は派遣会社が一時金を受け取って人材を丸ごと会社に放り込むのであります。

それをすることで、派遣会社には一時金が入ってきますし、雇っていた大手会社では教育が必要なく、即戦力で社員を雇うことが出来るという、メリットがあるのです。

もちろん働く人間にしてみれば、大手に入り込むチャンスはほとんどないので、これほどありがたい制度はないでしょう。

双方、三方の想いが上手く連結出来る方法は、これしかないと思うのです。
キャッシング主婦

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です