遊戯王ARC-Vの魅力について

遊戯王は連載が開始されてから20年目を迎え、現在放送中の遊戯王ARC-Vは今まで遊戯王の舞台となった融合、シンクロ、エクシーズという3つの次元が存在し、今までのGX、5D’s、ZEXALのネタを入り混じった話になっている。初代遊戯王から見てみるファンからしても楽しめる内容にもなっており、今ではシンクロ次元の旧キャラクターであるジャックアトラスとクロウ・ボーガンまで参入している事から遊戯王好きのスタッフが作っている事も伺える。

しかし今回の遊戯王は設定が非常に細かく、かつ流れがスムーズに進んでいる。デュエルで事が進む世界であるから、その辺の現実離れしたストーリーの進行で不自然さは逆に感じていないのかもしれないが、急に敵になったり、強引な設定が存在しない為、上手く溶け込める形になっている。またこの遊戯王ARC-Vのもう一つの魅力は今回新しく投入されたペンデュラム召喚である。ペンデュラム召喚は手札のモンスターをただ特殊召喚するだけでなく、破壊されてもエクストラデッキに行き、次のターンに特殊召喚されるという破格のスタイルを持っている。しかしその何度も蘇るプロセスにより融合、シンクロ、エクシーズ全ての要素を再利用出来るという他の次元の要素を活かす作りになっている。総量規制対象外カードローン

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です