地方創生は難しい問題だ。

最近新聞をチェックしていて気が付くことは、地方創生という言葉を聞くことです。これは、地方の発展を目指すことを指す言葉で、特に人口減少や高齢化が激しい地域での、持続的な社会を目指す取り組みです。

このように、地方創生といえば聞こえは良いのですが、事実上は地方の発展は難しいといえます。それは、人口減少や高齢化が東京などの都市部に比べると問題化が指摘されているからです。

その元々の要因をたどると、やはり東京一極集中が関係していると思います。現在の日本を見てみると、やはり政治的にも経済的にも、文化的にも東京に集中していると言えます。そして、人口を見てみると日本の4分の1は関東地区に集中しているようです。

また、同じ大都市の関西圏や東海圏ですら人口減少が始まっており、東京都市圏に対しては転出超過を記録しています。このことから、本気で地方創生を取り組むならば、今の東京一極集中を180度変えるくらいの対策を行わなければ難しいものです。

特に、地方での雇用促進や子育てがしやすい環境つくりなどは、一刻も早く対策をしてほしいと感じる部分です。このように、地方の創生や発展は日本全体にとっても、大きなメリットがあるものなので本気で取り組んでもらいたい問題です。お金を借りる

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です