自動車の自動運転の実用化に関するニュース

大手の自動車の製造会社が、2020年に向けてハンドル操作やアクセルなどの操作に関して、自動で操縦してくれる車の製造に奮闘しています。近年は自動車の販売に関する競争が激しくなっている中で、自動的な運転によって安全性を考慮した車の製造は、経済的にもプラスになる事で将来の日本経済にとっても有望であると言えます。
メルセデスベンツなどの海外製の自動車に関しては、既に半自動で動いている車もあって、国内でも将来的な自動運転の実用化まで待った無しの状態になっていると思います。
自動車の大手の国産メーカーが、2020年を目処に自動で運転できる車を登場させれば、消費者からのニーズなどの増大によって長期的な競争に打ち勝つ流れになって、さらに消費者からのシェアの拡大に成功する可能性が高いです。高齢化が進んでいる中で、お年寄りが運転する事も珍しくなくなった時代になっていて、将来はさらに高齢化が進む時代になるのは間違いないです。自動に運転してくれる技術を盛り込む事で、高齢者の層からも積極的に車を購入してくれる事に繋がって、お金が回る事によって劇的に経済成長が見込めると思います。また、運転が困難であった体が不自由な方にとっても、安心した車としてニーズが高まりそうです。銀行カードローンの審査に通るには?3つの審査基準!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です