森本学園は学校法人としてふさわしい教育をしているのか?

森本学園の籠池理事長が学園への寄付金の件で国会で証人喚問を受けることになりました。
森本学園のニュースが流れ始めた頃に幼稚園での選手宣誓に驚きました。教育勅語だけではありません。北方領土、尖閣諸島、竹島問題というワードも入っていました。
この幼稚園で行われていることは教育ではなく思想の洗脳だと思います。自分で正しいことの判断がまだつかない年齢の子どもたちに、このような文章を暗記させることは教育ではありません。そしてさらに危険なのは自分の意見だけが正しいという考え方も植え付けてしまうことです。
自分の意見が正しい自分が思うように、他の人も自分の意見が正しいと思っているのです。色々な角度から見て物事を考える事、他人の意見もきちんと聞くことはとても大切なことだと思います。
テロ、紛争、戦争など世界で起きている深刻な問題はお互いが正しさを主張しても解決しません。中島みゆきさんの歌に「Nobody is Right」という歌があります。正しい人など誰もいない、誰一人正しくない!という意味です。誰も正しくないということを起点として考えていかないと平行線をたどるだけだと思います。
税金が優遇される学校法人を認めるときにはその教育内容もきちんと調べて欲しいと思います。
このような学園に学校法人を認めてもらいたくないです。三井住友銀行カードローン 審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です