子供心にいろいろ考えさせられた世界名作アニメ

私が子供だった頃にずっと観てきたアニメで、いまだに再放送されたり動画サイトで観てしまう大好きな作品群があります。それは世界名作劇場という枠で放送されていたようなアニメです。
例えばフランダースの犬や小公女セーラ、ふしぎな島のフローネにみなしごハッチなど数え切れないくらいの名作アニメが子供だった頃に放送されていて、テレビの前で不遇な主人公たちに感情移入しながら夢中で観ていたものでした。
こうした作品はどれも主人公が物語冒頭では不幸だったり報われなかったりとしましたが、それを時には応援したり時には主人公をいじめるキャラクターに憤慨したりしながら観ていたのでした。
そんな中でも私が一番印象に残っているのはフローネです。乗っていた船の自己で無人島に流れ着いたロビンソン一家の物語ですが、その無人島でろくに食料や道具もない中、懸命に生きる一家にもし自分がこの状況になったらどうしようなどと考え、子供心にいろいろ考えさせられたものでした。カードローン 金利
ただ残念なことにこうした名作アニメは現在ではごくたまに再放送されるくらいで、新作が作られることもありません。私はこうした名作アニメこそ子供たちにはたくさん観てほしいなと思うので、また製作されればいいなと願います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です